X

HOME > 旅のテーマ > おすすめのテーマ

【鹿児島で買っておきたい名産品】2018年、鹿児島で買っておきたい名産品セレクション

最近、鹿児島を旅行する人が増えていますが、みんな、おみやげに何を買ったらいいのか迷っているのではないでしょうか。鹿児島のおみやげ、名産品から 5 つを厳選して紹介しますので、帰る前に絶対に買っておいてください。みんな、きっと喜んでくれますよ。

 

かるかん

@Flickr

かるかんは鹿児島に行ったら欠かせないお土産です。特に有名なのは創業 100 年の老舗、明石屋です。明石屋は鹿児島に十店舗以上ありますが、いずれも有名観光地の近くにあるので、いつでも気軽に買うことができます。明石屋のかるかんは山芋粉、米粉、砂糖を調合し、蒸して作っています。口当たりはやわらかく、甘さひかえめで、大人にも子どもにも適しています。

 

薩摩芋タルト

@ news2u

自然に恵まれているおかげか、鹿兒島には特色のあるグルメがたくさんあります。そのうち 1 つが薩摩芋です。そして今、鹿兒島でもっとも人気のあるスイーツなのが薩摩芋タルトです。薩摩芋タルトには、黄芋と紫芋の 2 種類の味があります。使われている薩摩芋はすべて日本産で、とても甘く、お芋が好きな人に特にすすめです。

 

鹿児島人気ホテルトップ 10、3260円 ~ *安心の価格保証*
[鹿児島中央駅アパホテル 4280円 ~、鹿児島レムホテル 4280円 ~]

 

薩摩焼酎

 


鹿児島には独特の焼酎醸造文化があります。WTOによれば、鹿児島で製造された焼酎のみが「薩摩焼酎」を名乗れるそうです。薩摩焼酎は伝統的な単式蒸留法を用いて、薩摩芋、黒糖、麹などの原料を一度に蒸留しているので、とてもかぐわしいお酒が醸造されます。薩摩焼酎にはさらに、水を加えても酒の香りが薄まらないというユニークな特徴があります。

 

薩摩焼

@Flickr

薩摩焼は薩摩陶器とも呼ばれる、鹿児島の伝統工芸品です。薩摩焼が特別なのは、陶器の釉薬にひびを入れているため、1 つ 1 つが唯一無二なものになるということです。また、薩摩陶器には「白薩摩」と「黒薩摩」という 2 つの種類があります。「白薩摩」は昔、藩主や貴族のみが使えるものだったので、優雅なデザインになっています。一方「黒薩摩」は鉄分の含量が多い土焼きで、色が黒ずんでおり、主に実用品として使われています。最もポピュラーなのは「黒ぢょか」という酒器で、鹿児島では、「黒ぢょか」で焼酎を温めて飲むと、焼酎がさらにかぐわしくなるといわれています。お酒が好きな方は絶対に買っておきましょう。

 

桜島人気ホテル トップ 10 3260円 ~ *安心の価格保証*
[ホテル サンフレックス 鹿児島 4400円 ~、ホテル吹上荘 3520円 ~]

 

薩摩切子

@Flickr

薩摩焼以外に買っておきたい鹿児島の手工芸品といえば薩摩切子です。薩摩切子はガラス細工で、江戸時代末期から発展した、とても細やかな技術が用いられた手工芸品です。グラス、花瓶のほか、ストラップ、イアリング、ブレスレットなどの装飾品もあるので、女性へのプレゼントにも最適です。

 


Hotels.com ホテル割引情報

今すぐホテルを予約して、小旅行に出ませんか ? ここに格安料金で予約できる方法があります。Hotels.com で最新のクーポンコードを入手しましょう。https://jp.hotels.com/hoteru-otoku-joho/coupon/をクリックして、割引コードをコピーして、決済ページで割引コードを入力するだけで、割引価格で予約することができます。ほかにも多くの新しいホテルの割引や厳選したホテルのスペシャル割引があります。さっそく Hotels.com から格安料金で部屋を予約しましょう !