X

HOME > 旅のテーマ > おすすめのテーマ

【東京ショッピング -買い物編】キャンプ用品を買いに出かけよう

日本には、気候がよく、景色も美しく、交通も便利なキャンプ場がたくさんあります。北海道の砂湯キャンプ場、河口湖、和歌山、白川郷の平瀬温泉キャンプ場などはキャンプの愛好家からも人気です。日本でキャンプをして、富士山、白川郷などの絶景に癒されてみたくはないですか ? もし興味があるなら、今回私が集めてきた日本のキャンプ用品購入ガイドは絶対に見逃さないでください。

 

行っておくべき日本のキャンプ用品のアウトレット : モリ パーク アウトドア ヴィレッジ


@ outdoorvillage Facebook

モリ パーク アウトドア ヴィレッジは、2015 年に開業した、東京初のアウトドア用品専門のアウトレット ショップです。現在計 14 店のアウトドア用品の直営店、2 店のレストラン、さらに室外ロッククライミング場、ヨガ場、ランニング場などが営業しています。キャンプ用品の販売価格はそれほど安いわけでもないですが、ここの強みは店内が広く、商品が豊富にそろっていることです。キャンプ愛好家にとっては聖地のような場所に違いありません。


@SnowPeakAkishima Facebook

まず日本の「キャンプ界のルイヴィトン」、スノーピークを紹介します。登山愛好家、山井幸雄が設立したスノーピークを扱うこの店では、自社で開発した登山用品、キャンプ用の装備、さらにはおしゃれな衣料品まで幅広い商品が取り扱われています。シンプルさを基調にしながらおしゃれの要素も備えているので、多くのキャンプ愛好者から支持されています。


@ snowpeak.co.jp

もちろん、キャンプ愛好者あるいはスノーピーク ファンなら、すでにモリ パーク アウトドアヴィレッジを「巡礼」したことがあることでしょう。ちなみにここには、日本で最初にオープンしたスノーピーク経営のレストラン、「スノーピーク イート」もあります。使用されているテーブルウェア、容器、クッキング用品などはすべてスノーピーク製品なので、買わなくても試してみることができます。

現在モリ パーク アウトドアヴィレッジで免税対応しているアウトドア洋品店は、3 店舗だけです。ザ ノース フェイス、マウンテン ハード ウェア、コロンビアです。旅行で行くときは、十分な予算を確保しておいてくださいね。スノーピークの商品を大量に購入したい方はちょっと待ってください。「エルブレス」や「ロフト」などの他の販売店で買えば、免税になり、さらに割引も受けられることがあります。

 

 

行っておくべき日本のキャンプ用品のアウトレット|モリ パーク アウトドア ヴィレッジ

所在地 : 東京都昭島市田中町 610-4
交通 : 東京駅 / 新宿駅から、JR 中央線または青梅線快速電車で昭島駅下車、北口からすぐ
営業時間 : 月曜日 ~ 金曜日 : 11:00 ~ 20:00 (水曜日定休)、土曜日、日曜日 : 10:00 ~ 20:00
ウェブサイト : http://outdoorvillage.tokyo/

 

東京人気ホテルトップ 10 2883円~ *安心価格保証*
[アパホテル〈蒲田駅東〉4035円~、第一ホテル東京 11263円 ~、芝パークホテル 13276円 ~]

 

行っておくべき日本のキャンプ用品専門店 : ワイルドワン


@WILD-1デックス東京ビーチ店

ワイルドワンは多彩なキャンプ用品を取り揃えたキャンプ用品専門店です。東京でも最大級の規模を誇り、取り扱っているキャンプ用品の種類も量も、他を寄せ付けません。キャンプ テーブル、スタンド、キャンプ チェア、ランプなど、どれも豊富な品揃えで、通常のキャンプ用品も他のキャンプ用品店よりも幅広いなかから選ぶことができます。


@WILD-1デックス東京ビーチ店

ワイルドワンは、現在 19 店鋪が、宮城、福島、東京、愛知、京都など 11 の県で営業しています。お台場デックス東京ビーチ店の敷地面積は、モリ パーク アウトドア ヴィレッジ内のワイルドワンほどではありませんが、免税が受けられ、特価コーナーも開設されています。また、お台場アウトレットに近いので、自分の旅のスケジュールに合わせて店を選ぶこともできます。

 

日本のキャンプ用品専門店|ワイルドワン (デックス東京ビーチ店)

所在地 : 東京都港区台場 1-6-1 デックス東京ビーチ アイランドモール 5 階
交通 : お台場海浜公園駅から徒歩 2 分
営業時間 : 11:00 ~ 21:00 (年中無休)
ウェブサイト : https://www.wild1.co.jp

 

 

行っておくべき日本のキャンプ用品専門店: エルブレス


@ L.Breath.Shinjuku

エルブレスは日用品も扱う総合アウトドア用品専門店で、キャンプ愛好家だけではなく、一般の日本人や観光客もたくさん訪れています。日本ではキャンプ文化が盛んなため、日本発のキャンプ用品ブランドであるスノーピークだけではなく、外国ブランドのコールマン、チャムス、パタゴニア、ザ ノース フェイスなども、エルブレスに進出しています。日本限定の商品もあり、その多くがスタイリッシュで実用的です。

エルブレスは、リュック、登山靴、帽子、上着、衣料品から、スキー、キャンプ、ゴルフなど各種アウトドア アクティビティ / スポーツ用の装備まで、ありとあらゆるものが取り揃えられています。エルブレスはアウトドア アクティビティ用品を主に取り扱っていますが、一部のキャンプ用品も販売しています。さらに重要なのは、エルブレスは免税サービスが受けられるだけでなく、随時、割引があったり特価コーナーがあったりすることです。財布の中身を気にせずに、キャンプ商品を買いまくりましょう。

エルブレスは、日本で 20 を超える店舗が営業しています。東京だけでも 10 店舗。他は大阪、神奈川、神戸、宮城仙台、福岡博多などに店舗があります。なかでも一番人気は新宿のエルブレスショップです。店舗スペースが 9 フロアもあり、フロアは、登山、キャンプ、サイクリング、スキーなど、アウトドア アクティビティ / スポーツ別に分かれています。足が棒になるほど歩いてもまだ買い足りないかもしれませんね。

 

行っておくべき日本のキャンプ用品店|エルブレス (東京新宿店)

所在地 : 東京都新宿区新宿 4-1-11
アクセス : JR線新宿駅南出口から徒歩約 2 分
営業時間 : 月曜日 ~ 土曜日 : 11:00 – 21:00、日曜日と祝日 : 11:00 – 20:30
ウェブサイト : http://www.victoria.co.jp/13013/

 

新宿人気ホテル トップ 10、2881円 ~ *安心の価格保証*
[プレミアホテル-CABIN-新宿 7535円 ~、ホテルサンライト 新宿 9686円 ~、ホテルグレイスリー新宿 18282円 ~]

 

日本で買えるおすすめのキャンプ用品

キャンプ用品専門店の情報を見たら、今すぐ日本へ飛んでいってキャンプをしたくなりませんか ? 私がみなさんのために登山やキャンプで使えるアイテムを厳選しました。キャンプもスタイリッシュにキメましょう !

 

ペンドルトン- 祝日限定折畳布張り木椅子 (b)


@ afcountry.com

ボイジャー スツール (左) ¥15,000 (税抜き)、フェスティバルチェア (中、右) ¥26,000 (税抜き)

 

カリスマ- アーバンデューティ シリーズの耐久性に優れた丈夫なリュック (a)


@ victoria.co.jp 

四色から選択 ¥6,000 (税抜き)

 

コールマン – 水色の小型バーベキュー コンロ (c) 


@ec.coleman.co.jp   ¥4,298

 

コールマン – モバイル ヘッドライト (照射距離約60m) (c)


@ec.coleman.co.jp    ¥2,678

 

(a) エルブレス (東京新宿店)
(b) モリパーク アウトドアヴィレッジ – A&F カントリー
(c) モリパーク アウトドアヴィレッジ – コールマン

 

 

 

 

 


Hotels.com ホテル割引

この記事を読んだら、今すぐホテルを予約して日本へキャンプ用品を買いに行きたくなりませんでしたか ? 格安料金で予約できる方法があります。Hotels.com で最新のクーポンコードを入手しましょう。https://jp.hotels.com/hoteru-otoku-joho/coupon/をクリックして、割引コードをコピーして、決済ページで割引コードを入力するだけで、割引価格で予約することができます。ホテルのクーポンもたくさん。Hotels.com を使えば、厳選されたホテルを驚くほどの割引価格で予約できます。