X

HOME > 旅のテーマ > おすすめのテーマ

【冬限定の絶景】白い童話の世界へ!白川郷合掌村への交通、ホテル完全ガイド

@Flickr

もし冬のお勧めは?と聞かれたら、私は躊躇なく岐阜県の白川郷と答えるでしょう。冬の白川郷では、その期間限定の絶景が見られるのです。四方はただただ真っ白で、まるで白い童話の世界に迷い込んでしまったよう!本当に夢のような景色なのです。また白川郷では、毎年雪の降り積もった中、三角形の木造家屋を柔らかな明かりで照らすライトアップが行われます。壮観、という景色とは違うかもしれませんが、とても暖かで幸福な気分にさせてくれます。今回は、皆さんを白川郷、白い童話の世界へお連れします!

 

白川郷合掌村

白川郷の最大の見所は、もちろん合掌造りです。合掌造りは白川郷にある三角形の木造家屋。遠くから見ると、両手の先を合わせて作る三角形に似ているので、合掌造りと呼ばれているのです。合掌造りは 1995 年ユネスコの世界文化遺産に登録されました。白川郷の合掌造りは、長い歴史を有しています。 12 世紀に発生した源平合戦の後、敗れた平家の落人が寒さをしのぎ追っ手から身を隠すために、山深い土地ににこうした家屋を建てたといわれ、合掌造りには防寒の工夫があります。しかし現在の白川郷の合掌造りは、ほとんどが江戸時代中後期に建てられたものです。
合掌造りがずいぶんと昔に作られたものだからといって、ぼろぼろで危険なのではと思わないでください。合掌造りはとても頑丈で、風や雨にもびくともしません。毎年冬には白川郷では大雪が降り、人の背丈以上に雪が積もりますが、合掌造りの家屋に影響はありません。昔の人の建築技術が私たちの想像以上にすばらしいことを証明しています。驚くことに、合掌造りには釘の 1 本も使われていません。屋根はカヤとヒノキだけで作られています。

 

白川郷ではずせないポイントその一 : 城山天守閣展望台

白川郷に来たら天守閣展望台に登って、高い場所から合掌造りと自然の景観を俯瞰してください。合掌村には 113 の合掌造りの家屋があります。それは驚くような景色、というものとは異なるかもしれませんが、点在する三角形の合掌造りと揺れる緑に囲まれた景色を見ると、高層ビルや現代建築では感じ得ない、古代に戻ったような感覚を覚えることでしょう。

交通:合掌村荻町から展望台行きシャトルバスを運行

 

白川郷ではずせないポイントその二:和田家


特徴的な外見を持つ合掌造りですから、入ってみたいでしょう?白川郷には、和田家と神田家という有名な合掌造りの家が 2 軒あります。どちらも入場料が必要ですし、二つのうちどちらかだけを見るのでもいいでしょう。屋内の様子はあまり変わらないからです。私としてはどちらかというと和田家を推します。和田家は白川郷で一番大きな合掌造りですし、白川郷で唯一重要文化財指定されている建築物だからです。


和田家は 1790 年から番所の役人をつとめていました。当時としては地位が高かったでしょう。この合掌造りは江戸時代中期に建てられていて、一階二階ともに観光客のために公開されています。一階には、居間や寝室、客間などがあり和田家の生活を垣間見ることができます。二階は養蚕室で、かつて使っていた用具などが見られます。二階に上がったら屋根の構造を見てみてください。前に言ったように 1 本の釘も使っていませんよ。縄で縛ってあるだけです!

 

和田家

入場料 : 300 円
公開時間 : 09:00 ~ 17:00

 

白川郷の人気ホテル Top10 を紹介 2670円 から *安心の価格保証*
[飯美館よしね 5970円 から、桜ヶ池クアガーデン 6970円,ロイヤルホテル 富山砺波 8870円 から]

 

2017 白川郷ライトアップ


ライトアップは白川郷のイベントで、毎年世界各地から観光客が押し寄せます。新年のヴィクトリア公園で行われる元宵節のランタンフェスティバルのようにとてもにぎやかです。 2017 年の白川郷ライトアップのスケジュールはもう発表されました。今年は 4 回だけ。これまであまりにも盛況で、少々混乱も見られたためか、人数制限が導入される予定で、展望台に登れるのは毎回 900 人のみです。


雪の舞い散る中、点在する合掌造りが柔らかな色の灯りで真っ白な地上に照らされているのを眺めるのは、本当にロマンチックです!毎年ライトアップのために白川郷を訪れる観光客はものすごくたくさんいます。もしも行きたいと思うなら、できるだけ早く計画してくださいね。

 

白川郷ライトアップ

日程:
第一回 : 1 月 21 日 (日)
第二回 : 1 月 28 日 (日)
第三回 : 2 月 4 日 (日)
第四回 : 2 月 12 日 (月)
時間 : 17:30 ~ 19:30

 

白川郷交通情報

一般的に白川郷に行くには名古屋から出発します。濃飛バスもしくは岐阜バスを利用します。岐阜バスは名古屋の名鉄バスセンターから出ていて、乗り換えは必要なく、白川棒まで直通です。約 3 時間かかります。詳しくは岐阜バスのサイトをチェックしてみてください。濃飛バスは比較的便数が多いのですが、乗換えが必要です。まず名鉄バスセンターから乗車し、高山濃飛バスセンターまで行きます。そこで「高山—白川郷・金沢線」もしくは「高山—白川郷・富山線」に乗り換えて白川郷駅で下車します。やはり約 3 時間かかります。詳しくは濃飛バスのサイトをチェックしてみてください。

 

運賃 (参考まで。必ずバス会社のサイトで確認してください)

岐阜バス—片道 3,900 円、往復 7,000 円
濃飛バス—名古屋から高山:片道 2,980円、往復 5,140 円
高山から白川郷 : 片道 2,740 円、往復 4,420 円

 

白川郷周辺のお勧めホテル

五箇山荘(Gokasanso)


五箇山は白川郷の北側にあり、四方を山に囲まれた環境にあります。江戸時代には塩硝の主要な産地でした。五箇山付近には下呂温泉があり、冬に行くにはぴったりです。五箇山荘の環境はとても静かで、人も少なく、人の声や車の音にわずらわされることはありません。隠れ家のような感覚です。また白川郷からの距離は 2 キロ ほど。交通も便利といえるでしょう。

➡五箇山荘⬅

住所:〒939-1913富山県南砺市田向 333-1   12600円 から

 

 

 


Hotels.com ホテルお得情報

ここまで見てきたら、早速ホテルを予約して、白川郷に行ってみたくなったのでは?どうしたらお値打ち価格でホテルを予約できるかって? Hotels.com にアクセスして、最新の優待コードをもらいましょう! https://jp.hotels.com/hoteru-otoku-joho/coupon/をクリックして優待コードをコピーしたら、支払いページに優待コードを貼りましょう。割引が適用されます!お勧めのホテルの優待価格、選りすぐりのホテルの非公開優待価格がまだまだたくさんありますよ。すぐに Hotels.com にアクセスして、お得な価格でお部屋を予約しましょう!