Hotels.comで運営する旅行コース、ホテルの予約、グルメ情報お知らせします。

【シンガポール フリープラン】現地の人がおすすめするシンガポール食事、買い物、観光スポットをご紹介 !

近年シンガポールにフリープランで行く旅行者が増えています。シンガポールは、整備が行き届いた世界でもっとも安全な都市の 1 つです。個人旅行、家族旅行、恋人や友達との旅行のどれにも適した街です。ここからは、シンガポール フリープランの攻略法を紹介します。現地の人がおすすめする、シンガポールに行ったら逃してはいけない食事、買物、観光スポットを知りたくありませんか ? これ読めばもう何も心配することはなくなるはずなので、最後まで読み終わったら、すぐに航空券とホテルを手配して旅に出発しましょう。

 

シンガポール フリープラン | シンガポールで行っておきたい観光スポット

シンガポールで行っておきたい観光スポット :アン シアン ロード

アジア‐シンガポール01@Flickr

アンシャンヒルは地下鉄チャイナタウン駅の近くにある、特色あるショッピングエリアです。アンシャンヒルには、五、六十年代の古い建築物が並び、外から見ればレトロな雰囲気が漂っていますが、内側は近代的なレストランやショップに生まれ変わっています。近年数が増えてきているサブカル好きのためのショップや流行の品を扱ったショップがアンシャンヒルに進出して、街中の若者が集まるスポットになりました。またここには格調高いカフェも多いので、午後の素敵な時間をゆったり過ごし、楽しむのにも最適です。

 

シンガポールで行っておきたい観光スポット – アン シアン ロード

所在地 : Ann Siang Hill, Chinatown, Singapore
交通 : 地下鉄チャイナタウン駅から徒歩10分
営業時間 : レストラン / ショップにより異なる

 

シンガポールで行っておきたい観光スポット : スリ マリアマン寺院

アジア‐シンガポール02@Flickr

シンガポールのリトル インディアにあるスリ マリアマン寺院は、1881年、仕事のために海を渡ってシンガポールに来ていたインド人により建てられました。スリ マリアマン寺院は、シンガポール初の女神マリアマンを祭った寺院です。入口からは、神々の彫像が鎮座した多層の塔が見えます。どの神像もまるで生きているような迫力があり、見る者を唖然とさせます。寺院に入る前には靴を脱ぐ必要があります。服装にも制限があり、露出の多い服や袖のない服、丈の短いズボン、スカート (丈は膝より下が望ましい) は禁止されています。また院内は撮影禁止です。絶対に守ってください。

 

シンガポールで行っておきたい観光スポット – スリ マリアマン寺院

所在地 : 244 South Bridge Rd, Singapore 058793
交通 : 地下鉄チャイナタウン駅から徒歩10分
拝観時間 : 月曜日、火曜日、木曜日、金曜日、土曜日 09:00 ~17:00、水曜日 09:45 ~ 17:00、日曜日 09:00 ~ 13:30

 

シンガポールで行っておきたい観光スポット : MICA ビルディング

アジア‐シンガポール03@Flickr

クラーク キー港の近くを通りかかったら、きっとひときわ目立つ、色彩豊かなビルに気付くでしょう。実はこれ、シンガポールの情報通信芸術省のビルです。このビルで目を引くのは、911 枚のカラフルな鎧戸です。これにより、もともと地味な灰色だったビルが明るく遊び心のある建物に生まれ変わりました。人気の写真スポットなのでぜひ足を運んでみてください。このビルは 1934 年に建てられ、当初は警察署でしたが、2000 年に今の MICA ビルディングに改修されました。

 

シンガポールで行っておきたい観光スポット- MICAビルディング

所在地 : 140 Hill Street, Singapore
交通 : 地下鉄シティホール駅から徒歩10 ~ 15分
開放時間 : 10:00 ~ 17:00

 

おすすめのシンガポールの格安ホテル トップ 10、3800円 ~ *安心の価格保証*
[ホテル81 エレガンス 4600円 ~、パーク 22 ホテル リトル インディア 5600円 ~、ビレッジ ホテル カトン 14000円~]

 

シンガポールフリープラン | シンガポールで食べておきたいグルメ

シンガポールで食べておきたい食事 : ザ ホワイト ラビット(The White Rabbit)

アジア‐シンガポール04@thewhiterabbit

ザ ホワイト ラビットは、不思議の国のアリスをテーマとした、フランス料理がメインのレストランです。料理のクオリティはもちろん、周りを樹木に囲まれた環境も格別です。まるで桃源郷にいるようで、出される水さえ甘く感じてしまうほどです。ここはかつて教会だった建物をフレンチレストランに改装して使っています。レストランのスタイルとレイアウトはヨーロッパ風で、ゆったりできる快適な場所になっています。さらに屋外にもテーブルがあります。緑いっぱいの景色を眺めながら食事するのは、想像以上に心地がいいでしょう。ザ ホワイト ラビットは市の中心部からは少し離れていますが、行ってみればきっとわたしがここでおすすめする理由がわかると思います。絶対に損することはありません !

 

シンガポールで食べておきたい食事 – ザ ホワイト ラビット (The White Rabbit)

所在地 : 39C Harding Road Singapore 249451
交通 : バス7 / 75 / 77 / 105 / 106 / 123 でAft Ministry of Foreign Affairs まで乗ってください。
営業時間 : 12:00 ~ 14:30、18:30 ~ 22:30 (事前予約をおすすめします)

 

シンガポールで食べておきたい食事 : ワンアルティチュード (1Altitude)

アジア‐シンガポール05@Facebook 1Altitude

夜にちょっとバーで 1 杯、というのはいかがでしょうか。飲めば、1 日の疲れがすっかり取れるでしょう。ワンアルティチュードはビルの 63 階にあるスカイ ルーフトップ バーで、シンガポールのきらびやかな夜景が一望できます。高い所からシンガポールの街の景色を見下ろすと、あらゆる建築物がレゴブロックのように小さな粒に見えるでしょう。お酒を味わいながら魅惑の夜景を観賞するのは、最高ですよね。ただし、バーには年齢制限があり、女性は満 21 歳、男性は満 25 歳以上でなければ入店できないのでご注意ください。

 

シンガポールで食べておきたい食事 : ワンアルティチュード (1Altitude)

所在地 : 1 Raffles Place, Singapore 048616
交通 : 地下鉄ラッフルズ プレイス駅から徒歩3分
営業時間 : 月曜日、火曜日、日曜日 18:00 ~ 02:00、水曜日、金曜日、土曜日 18:00 ~ 04:00、木曜日 18:00 ~ 03:00

 

シンガポールで食べておきたい食事 : 味香園

アジア‐シンガポール06@Facebook Meiheongyuen 

味香園はシンガポールでも老舗のデザート ショップです。自由旅行でシンガポールに来たのなら、立ち寄らない手はありません。チェンドルという冷製のデザートがこの店の看板メニューです。いろいろな風味から選べます。彩り豊かで、口に入れるとすっと溶ける、暑い夏に欠かせないデザートです。一口食べれば、暑さも吹っ飛ぶでしょう。

 

シンガポールで食べておきたい食事 – 味香園

所在地 : 67 Temple St, Singapore 058611
交通 : 地下鉄チャイナタウン駅から徒歩3分
営業時間 : 12:00 ~ 21:30 (月曜日定休)

 

シンガポールフリープラン | シンガポールで買っておきたい食べ物

シンガポールで買っておきたい食べ物 : パンダンケーキ

アジア‐シンガポール07@Flickr

シンガポール通はみんな空港で独特の味がするパンダンケーキを土産に買っていきます。パンダンケーキは口当たりはしっとりしており、パンダンリーフのすっきりした香りがします。家に持ち帰れば、あっという間になくなってしまうことに間違いないです。

 

シンガポールで買っておきたいおみやげ : 肉骨茶 (バクテー) のティーバッグ

アジア‐シンガポール08@Flickr

肉骨茶を家に持ち帰れば、シンガポールが懐かしくなったときにいつでも自家製の肉骨茶を飲むことができます。シンガポールロスも一発で解消です ! 肉骨茶のティーバッグは、松発、発起人、黄亜細で買うことができます。家に帰る前に買うのをお忘れなく。

 

シンガポールで買っておきたいおみやげ : 咖央醤 (カヤジャム)

アジア‐シンガポール09@Flickr

朝時間がないとき、夜小腹が空いたときはどうしていますか ? ほとんどの人がパンにピーナツバターを塗って済ませているのではないでしょうか。でも、ピーナツバター、バター、チョコレートなんかに飽き飽きしてしまったら ? シンガポールへ行ったときに咖央醤を買っておきましょう。甘い、ココナッツの香りがするシンガポールでも一押しのお土産です。

 

シンガポールのおすすめホテル

パークロイヤル ピッカリング ホテル

アジア‐シンガポール-ホテル01
地下鉄のチャイナタウン駅付近にあるパークロイヤル ピッカリング ホテルは、装飾がきらびやかなだけでなく、アクセスも便利で、さらにお腹がすいたら階下でいろいろな料理を食べることもできます。ホテルには屋外プール、フィットネスジム、庭園と散歩道があり、まるで自宅にいるかのような気軽さでホテルの豪華な設備を楽しめます。

➡パークロイヤル オン ピッカリング⬅

所在地 : 3 Upper Pickering St, Singapore 058289     18500円 ~

 

マリーナ ベイ サンズ

アジア‐シンガポール-ホテル02
マリーナ ベイ サンズは海岸沿いにあるホテルです。一番の売りは屋上プールで、現在のところ、世界最大の屋上プールとなっています。水と空が混ざり合ったこの世に 2 つとない世界をぜひ。プールは 57 階にあり、日中は晴天が広がる青空のもとで、夜はきらびやかに輝く夜景を目にしながら楽しめます。

➡マリーナ ベイ サンズ⬅

所在地:10 Bayfront Avenue, Singapore 018956     36000円 ~

 

Hotels.com ホテル情報

これを読んだだけで、早速ホテルを予約してシンガポールにフリープランで旅行に行きたくなりませんか?格安料金で予約できる方法があります。Hotels.com にアクセスして、最新の割引コードを使って予約しましょう ! https://jp.hotels.com/hoteru-otoku-joho/coupon/ をクリックして、割引コードをコピーして、決済ページで割引コードを入力するだけで、割引価格で予約することができます。 ホテルのクーポンもたくさん。Hotels.com を使えば、厳選されたホテルを驚くほどの割引価格で予約できます。